きちんと理解する|がんや自律神経失調症といった大きな病気を未然に防ぐ対策
院内

がんや自律神経失調症といった大きな病気を未然に防ぐ対策

きちんと理解する

看護師

大腸がんは生活の中で工夫をしていくことで、発生率を抑える事が出来ます。まず大事な事は食事に関してです。食事は加工した肉製品を食べることを控える事が大事です。食事が欧米化してきたことで大腸がんは非常に多くなってきました。もう少ししたら胃がんも抜いてしまって死亡原因の2位に上がりそうな勢いになってきています。野菜などを多く食べるようにして日本食を中心とした食事にしていく事が非常に重要です。あとはアルコールを控えることも大事になってきます。喫煙も発生率を高める原因になっています。食生活によって発生率が違ってくるということをしっかり知っておく事が大事です。遺伝の要素も強いので近親者に大腸がんになった人がいる場合は定期的な検査が必要です。

大腸がんの治療は手術が一般的なものになっていますが、全てを取りきる事が出来ない可能性もあるので化学療法や放射線療法を転移防止の目的で併用していく事が普通です。進行も非常にゆっくりで症状が出てきて診察した時には転移している場合があります。こういった場合は幹部を手術した後に化学療法や放射線療法で転移を防ぐ方法があります。これであれば取りきれていないがん細胞を死滅させる事が出来ます。治療方法はどこに出来ているかや転移の状況や進行度で変わって来ますが、1番の治療方法は手術による切除です。また最近では免疫細胞療法も人気が高まっています。これは初期から末期までのがんに幅広く行える点や、副作用が少ないという大きなメリットがあります。