危険性は少ないがん|がんや自律神経失調症といった大きな病気を未然に防ぐ対策
院内

がんや自律神経失調症といった大きな病気を未然に防ぐ対策

危険性は少ないがん

病室

大腸がんと一言で言っても、その範囲は広く小腸の近くから肛門の近くまでできる箇所は様々です。肛門に近い方の癌が血便などにより自覚症状を得ることも少なくありません。しかし小腸に近い箇所にできた場合には血便や腹痛などに悩まされることも少なく自覚症状は少ないことが特徴になっています。そして進行はほかの癌細胞と比較して遅いのが特徴でもあります。癌には転移があります。小腸に近い部位に発生した場合転移する可能性は高く、肝臓や肺などの他の臓器に転移することもあります。転移がんの発見により大腸がんに気づくことも少なくないのです。転移癌を予防するには早期発見、早期治療が大事ですが、大腸がんの自覚症状は少ないため早期発見するには定期的な検診が有効となります。

早期発見した場合大腸がんは比較的治療を行いやすく完治する可能性の高いものとなります。手術が一般的な治療方法ですが内視鏡による切除など体に負担をかけずに行う事の出来る治療法もあります。その後は抗がん剤などを併用し再発しないことを確認していく治療法となります。大腸がんの転移は、肝臓が一番多く、その後にさらに肺へ転移することが多くなっています。すでにこの状態であると助かる見込みは少なく延命のための治療は放射線治療や抗がん剤の治療を用いて行う事になります。肝臓や肺の癌の進行は大腸と比較して早く、大腸がんがほとんど進行していない状態でも肝臓や肺の癌は急激に成長することも少なくありません。また手術によって転移が促進されることもありますので、治療計画は入念に立てる必要があります。