ドクター

がんや自律神経失調症といった大きな病気を未然に防ぐ対策

危険性は少ないがん

病室

大腸がんは小腸に近い場所から肛門に近い場所まで様々です。共通している事は進行が比較的遅いことと、自覚症状が少ないことです。癌治療に有効な早期発見は、定期的な検診を受診することが最も有効となります。転移は肝臓や肺にすることが多いのが特徴です。

View Detail

発症し易い部位

医者

大腸がん患者のうち、約30%の方は肝転移を起こしてしまいます。その治療法は手術により切除するのが最も有効な方法ですが、病巣の条件によっては、切除できないことや、部分的な切除しかできないこともあります。選択肢は幾つかありますので、十分考えて治療法を選択すべきです。

View Detail

免疫力を高める新しい治療

病院

がんは早期発見すれば高い確率で治すことができます。しかし気づくのが遅いと、がん細胞は正常な細胞を飲み込みながら広がります。それが進むと血液やリンパの流れに乗って全身に転移してしまいます。そのためがんを発見して手術で取り除いても、その前に他の臓器に転移している場合があるのです。最初にがんができた時の痛みと転移して再発した時の痛みは違うので、手術などで取り除いたあとも痛みが出るかどうか注意する必要があります。また完治した後も定期的に受診して検査することが大事です。内視鏡やMRIなどの検査と一緒に血液による腫瘍マーカーの検査をする必要があります。がんの治療が終わってもあらゆる場所への転移の可能性を考えて、常に全身の不調に気をつけることです。

健康な人でも1日に5000個のがん細胞が誕生しているといわれます。それが悪性腫瘍にならないのは人間には免疫機能が備わっているからです。免疫機能は体外から侵入するウィルスや体内の突然変異した細胞などを破壊し、体外へ排出する働きをします。しかし年齢や生活習慣やストレスなどで免疫力が衰えると、がん細胞が破壊されないで悪性腫瘍になってしまいます。ですからがんの予防には普段から規則正しい生活を送ることが大事なのです。近年は上記のようながんに加えて、自律神経失調症といった精神的な要因によって大きな疾患を患ってしまう人も増えてきました。がんと自律神経失調症の両方を患ってしまわないように健康的な生活を送るのが大切なのです。

きちんと理解する

看護師

大腸がんを防ぐために食生活の改善や飲酒や喫煙などをやめる事が大事になってきます。治療は手術がメインになりますが、転移してしまったりした場合は、放射線療法や化学療法も重要になってきます。最近では免疫細胞療法のように副作用の少ない治療方法も出てきています。

View Detail